スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOWN2009見てきたよ!

プレゼンの様子の動画がアップロードされてから作品別の感想を書こうと思ってたのですが、
まだもう少し時間がかかるみたいですので、先に書きます。
あの場にいたアマチュア成分としての感想です。なるべくプレイした感想を。

続きを読む

スポンサーサイト

SOWN2009参加してきたよ!

SENSE OF WONDER NIGHT 2009でecolpitをプレゼンさせていただきました!
私用がとりあえず落ち着いたので、個人的な事後報告を書こうと思います。

そうですね。
以前の記事でも書いたんですけど、「ゲームを制作している人」どころか
「プログラミングする人」すら周囲に殆どいなかったぼくにとって、
その両方である人たちにたくさん出会えたのが、やっぱり一番の至福でした。
機材チェックなんかの時に開発中!的な画面が映っただけで「!!!!」ですよ。
お話もいろんな方と出来たし、何より制作への刺激も大いに頂きました。
こちらから見れば雲上人のような方たち。創る人はやっぱりカッコイイ。
・・・もっと沢山のイベントに参加できればなぁ。東京住みてぇぇ

プレゼン。
いや、これに関しては本当に申し訳ないです。
通訳が入ることを考えていたにしても、考えが浅かった。浅すぎた。
時間配分できなかった事が一番恥ずかしいです。(通訳さんにもごめんなさい)
前半も、せっかくピンマイクがあったんだから、片手を空けることなんて
気にせずに分かり易い実機プレイで説明すればよかったなあ。
ただ、あらかじめ台本を決めておくと、
・時間が押してるときの調節が難しい
・プレイと台本を追うことの両立が難しい
ので、簡単な操作じゃないゲームやランダム性の強いゲームの場合は
アドリブできるように調整したほうがいいですね。
あと、「○○が××になるから、△△が□□になる」というような系統の言い回しは、
英語に訳した時に割と長めになるような気がした。
緊張しすぎてて壇上のことは殆ど記憶飛んでますけどね。多分、噛み噛みだっただろうなぁ…。
にもかかわらず、ちゃんと意匠が伝わり、海外の方で興味をもって下さった方もいたようで。
ありがたいことです。(通訳さん本当にありがとう)
来年、応募を考えてる方々のプレゼンがうまくいきますように。

最後に。
ぼくにとってこのSOWNは一生忘れられないイベントになるでしょう。
大げさな、と思われるかもしれませんが、この田舎者にとってはかなりの一大事でした。
SOWN2009というイベントに関わる全ての方々に最大の感謝を。
ありがとうございました!


※ecolpitは制作中ですが、プレゼン時のバージョンでよろしければこちらで体験できます。
http://qeu.nobody.jp/game/labo.html

スコアを記録できなかったり、まだまだ改善すべきところも多くありますが、とりあえず
体験版という事で。完成時にガラリと変わる可能性もあるので、あしからず。




今晩東京へ

いよいよSOWNですね。
こちらのブログで何の進捗情報もなくこの日を迎えてしまいましたが、
ゲームのほうは7~8割方完成ってところです。
まあ後はスコア閲覧や、ゲーム決着時の演出とかですが。
SOWNまでには90%~100%くらいの完成度になると
事務局への応募時に書いちゃったんですが、予定外の用事で、すみません押しました。
10月から、遅くても11月には公開できるようにしたいなぁ。
なるべくSOWNからあまり日が経ってない内に公開できるようがんばりますね。

ブログ更新って意外に膨大な気合を消費するので、
気軽な更新のためについっぱじめました
他所様の更新もまとめて見られるようで、なんだか便利よさげ。
フォローとか自由にしてもいいのかな。まだうまく使いこなせてませんが。
飽きるまではやってみようと思います。
このブログの存在意義も、早くも危うくなってきましたね。

これはがんばらねば

youtube に上げているecolpit 開発途中版トレイラーの再生数
急に増えてることに気付いてビックリした。
試しに"ecolpit"で検索してみてさらにビックリした。
いろんなところにSOWN2009の記事が!
どうやらその中にトレイラーへのリンクがあり、
そこからのアクセスが増えたみたい。
"ecolpit"が既存の何かの名前かどうか調べるために
検索してみた時にはほんの数件だったので、
本当にビックリした。
特にIndeGames the weblogさんで
取り上げられている記事は、いつも見ているばかりの
サイトだったので、なんだかすごい気分になった。

これは、がんばらねば。

SOWN2009 滅茶苦茶緊張してますが、
滅茶苦茶楽しみです。

作品を発表できることも楽しみですけど、
ゲームを作ってる作者さん達に会えるというのが
さらに楽しみですね。
ぼくは「フリーゲームを作っている人」どころか、
「プログラミングをしている人」すら殆ど周囲にいない
人間なので、ある意味緊張します。
どこかのSOWN2009記事で、プレゼンの終了後に
懇親会ができればいいな、という旨の話を見かけたのですが、
ぜひ実現してほしいなぁ。

さて、プレゼンテーションまで1ヶ月を切ったわけですが、
ぼくは昨日、この香川の田舎者が都会へ行って滞在するための
交通機関の確保と宿泊施設の確保に全力を注いでいました。
(内、予約確認用紙の印刷にマゼンタを出さないプリンタの修理時間 半分)
はやくecolpitを仕上げたいところですが、こればかりは仕方ない。
もう幕張メッセ周辺のホテルは予約いっぱいなんですね。
恐るべしTGSです。
結局は千葉駅近くに落ち着いたんですが、会場までの距離感覚は
どんなものでしょうか。

追記:
でも、まあ、香川くらいからの距離で音を上げていてはいけませんね。
グッドラック、Marcus Richertさん!


プロフィール

misi

Author:misi
てづくりゲームあります。
Q【keu】
ついったーはこちら。多分こっちのほうが更新多いです。
Twitter(misi0616)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。